トップ / 歯科を選ぶときのポイント

歯科を選ぶときのポイント

定期的に歯科でケア

子供の頃から歯科に通うこと

歯科に通うようにするのは、乳歯の頃からがとても大切です。乳歯のうちから歯をケアすると、永久歯が生えてくるときにきれいに生えてきます。子供の歯は大人の歯よりも虫歯になりやすく、生え始めの乳歯や永久歯は柔らかく、磨きにくいので虫歯になりやすいです。家庭での歯磨きだけでは、歯磨きの癖などできれいに磨き切れなかったり、しっかりとケアすることは難しいので、定期的な歯科への定期健診が大切になります。子供向けの歯磨きの指導や、歯が虫歯になりにくいようにフッ素を塗ってもらったりすることができます。

学校,いいとこ

歯科で口内をチェック

口の中の病気でよく見られるものに、口内炎があります。これは歯茎などに炎症が起きるもので、痛くて不快なものです。口内炎は体調を崩して体力が落ちているときになりやすいと言われています。薬もありますが、塗り薬で表面をカバーして痛みを抑えるという方法もあります。口内炎はしばらくすれば自然治癒することが多いですが、口内の病気にはこれと違って重大なものもあります。例えば口腔がんです。こうした病気を見つけるためにも、定期的に歯科に通い、歯科医に口内をチェックしてもらうのがよいです。

↑PAGE TOP