トップ / 歯科で使う器具に関して

歯科で使う器具に関して

歯科で使う器具の説明

歯科で用いる基本セットとは

歯科医院では、必ず使用する器具があります。それらをまとめて「基本セット」と呼びます。診察台テーブルの上にある銀のトレーに乗っているあれです。通常、患者さんごとに新しく交換します。基本セットは5つの器具からなっています。①バキューム患者さんの口腔内に溜まった唾液や水などを吸引します。②排唾管(エジェクター)患者さんの口の端に引っ掛け、溜まった唾液や水などを少しずつ持続的に吸います。③ピンセット④探針先端の尖った細長い棒のような形をしていて、患者さんの虫歯を探ったりする時などに使います。⑤歯科用ミラー歯の裏側など、見えにくい部分を診るときに使います。

学校,いいとこ

基本セットに関する説明

歯科の基本セットとは、歯医者が治療を行う時に使用する器具のことです。通常は患者の状況や治療内容により使用する器具は異なりますが、基本セットはどの患者にも使用されます。基本になる器具は主に、ピンセットとバキュームや確認用のミラー、エキスカベーターと充填器や探針などがあります。口内や歯間の異物の除去には、バキュームとエキスカベーターや探針などが歯科器具が使用されます。治療時に発生する異物を除去して、治療をしやすくすることを目的とした器具です。その他に、口内の状況を調べるには確認用のミラーが、ガーゼや物をつまむためにはピンセット、歯に詰め物をする時には充填器が使用されます。これらの器具をトレーにまとめて収納して、基本的なセットとして準備します。

↑PAGE TOP