トップ / 歯科で治療方法を選ぶ

歯科で治療方法を選ぶ

注目される歯科治療

近年予防歯科が注目を浴びている

昔は、歯科というと虫歯になってかかるところというイメージが強かったです。近年では、歯がいたくなってからかかるのではなく、予防のためにかかるという考え方が出てきました。義歯やインプラントなど技術は進みましたが、自分の歯のようにはいきません。これと関連して、歯と健康の関係が密接であるといわれたことです。歯周病と糖尿病との関連も指摘されています。つまり予防歯科を利用し、虫歯や歯周病にならないようにすることは、他の生活習慣病を防ぐことにも役立つのです。そのため、注目が集まっています。

学校,いいとこ

差別化が進んでいる歯科医院

歯科と言うと、虫歯の治療、あるいは差し歯や入れ歯のメンテナンスなど、どの医院も同じように感じられますが、実際には生き残りのため差別化が図られています。虫歯が痛い時、歯周病や歯槽膿漏に悩まされている時等に行く一般的な歯医者以外では、受け口や出っ歯など噛み合わせの改善等を目的とし、歯並びの矯正に特化している矯正専門の歯医者もあります。また、顎の骨に人工的な歯根となる人工骨や金属等を埋め込むインプラントや、歯のホワイトニングなど美容的な施工を行う審美歯科など、差別化が進んでいます。

↑PAGE TOP