トップ / 歯科と親知らずの治療に関して

歯科と親知らずの治療に関して

親知らずを抜く理由

歯科と親知らずの治療

私の歯並びですが決して良いというものではありません。以前は親知らずが下と上の両方にあり、特に下の歯はそのままにしておくことで、隣の歯の虫歯の原因になると歯科から指摘されていました。そのため、歯科で下の親知らずを1本抜きましたが、痛みが長く続いたためもう1本の下の歯はしばらくの間抜かずにいました。そのためか、やはり抜いていない歯の隣の歯のほうが早く虫歯になり治療することになったわけです。数年後にもう1本の歯を抜いて、現在は下の歯にはありません。上の歯は残してありますが、今後、抜歯をした歯の代わりに役に立ちそうなので虫歯にならないように念入りに歯みがきをしています。

学校,いいとこ

親知らずについてと抜歯の必要性

親知らずとは人間の歯で前から8番目に生える前後左右の四本を指しますそのため歯科では「8番」と呼ばれていることもあります。この歯は多くが10代後半から20代前半に生えてくる事が多いとされていますが、個人差が大きく期間や生える本数も人それぞれとされています。また親しらずについては抜歯の問題がよくあがりますが、歯科で抜歯を勧められる理由としては歯が生えてくるスペースの問題が関係しています。十分な幅が得られないまま無理やり生えてきた親知らずは横に向かって生えてきてしまうことも多く咬み合わせに悪影響を与えてしまいます。また手入れのしにくい部分にもあたり虫歯になりやすいため抜歯に至ることが非常に多いです。

↑PAGE TOP